運動器健康寿命延伸体操
ロコモン体操

ロコモン体操は、運動器の健康寿命延伸を目的とした体操です。

   当財団では、運動器健康寿命延伸事業の一環として、運動器(骨・筋肉・関節・神経等)の健康寿命を延ばすために、運動器(骨・筋肉・関節・神経等)の健康に着目した「運動器健康寿命延伸体操ロコモン体操」(略してロコモン体操)を開発しました。
  ロコモン体操は、現在(公社)日本整形外科学会が提唱しているロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防のための知識と運動器(骨・筋肉・関節・神経等)の健康づくりの体操を身に付け寿命を延伸するプログラムになっております。 体操の基本は、運動器(骨・筋肉・関節・神経等)運動器健康寿命延伸体操 ロコモン体操 画像の正しい形体、つまり正しい姿勢と効果的な身体の動きを体得するトレーニングを中心に、運動器(骨・筋肉・関節・神経等)の再生と向上を目指します。
 また、音楽に乗せて、リズミカルに全身を動かす立位・椅子座位の2パターンの体操も展開します。 加えて、整形外科医が勧めるロコモーショントレーニング(ロコトレ)である「開眼片足立ち・スクワット・つま先立ち・フロントランジ」含めることで、効果的に継続できる体操となっております。

ロコモン体操講習会

運動器健康寿命延伸体操ロコモン体操の普及・啓発のために、毎年数回、指導者向けの講習会「ロコモン体操講習会」を開催しております。 → ロコモン体操講習会実施要綱(PDF)

詳しい実施日時等は
→ ロコモン体操講習会ページへ


股関節らくらく募金のご案内はこちらから
このページのTOPへ