運動器健康寿命延伸体操
ロコモン体操

 日本は、超高齢社会となり、健康寿命が注目されています。この講習会では、運動器(骨・関節・筋肉等)に特化した、健康寿命についての整形外科医の講義と、運動器健康寿命延伸体操(愛称:ロコモン体操)の実技指導を修得できます。また、ロコモティブシンドローム対策にも大いに役立ちます。
 なお、講習終了後には、「ロコモン体操パートナー」の認定証が授与され、当財団の活動にご参加いただくこともできます。

・第10回運動器健康寿命延伸体操指導者講習会

ロコモ脱却への指導ポイント~栄養と体幹編~

日 時 平成29年3月26日(日) 9時20分~16時00分
会 場 TKP渋谷カンファレンスセンター 
     カンファレンスルーム5B →WEBサイトへ
     〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷東宝ビル

定 員 40名(先着お申込み順)
単 位 「健康運動指導士・実践指導者」単位 講義1.5単位・実技3.5単位
     「ADI/JAFA AQUA」 2.5単位
     「医学体操指導者」 0.25単位
講 師 聖マリアンナ医科大学名誉教授
     (公財)日本股関節研究振興財団理事長 別府諸兄氏
     女子栄養大学栄養クリニック教授      蒲池桂子
     健康運動指導士・医学体操指導士      太藻ゆみこ氏
受講料 8,000円(教材費込み)
申 込 定員となりました。
問合せ 03-3421-6552
ご報告
→ 第10回運動器健康寿命延伸体操ロコモン体操講習会ご報告(Blog)

● 過去の運動器健康寿命延伸体操指導者講習会

当財団は、平成22年(2010年)より運動器健康寿命延伸体操ロコモン体操の指導者講習会を毎年開催しております。開催した際のチラシ兼申込み書を履歴として残しております。下記のドロップダウンメニューよりPDFが閲覧頂けます。


股関節らくらく募金のご案内はこちらから
このページのTOPへ