令和5年度股関節研究助成金の応募受付が明日(令和5年6月1日)より開始されます。

令和5年度股関節研究助成金の応募受付が明日(令和5年6月1日)より開始されます。
奮ってご参加いただければ幸いです。

応募期間 令和5年6月1日(木)から令和5年7月10日(月)

応募要項・方法等は下記のリンクよりご覧ください。

→ 令和5年度股関節研究助成金応募ページ

令和5年度股関節研究助成金応募開始

 

カテゴリー: 研究助成金 | コメントする

令和4年度股関節研究助成金初回説明動画をYouTubeへアップロードいたしました。

令和4年度股関節研究助成金初回説明動画をYouTubeへアップロードいたしました。
当財団の研究助成金が、どの様な研究に役立てられているかがご確認いただけます。

また当財団は設立以来、約1億5千万円以上の助成金を有望な股関節研究者へ助成し、多くの交付者の先生方が有名大学・病院・施設等でご活躍し、股関節患者様方ために働いております。

是非、ご覧いただだき、ご支援いただければ幸いです。

その他動画も公開中です。下記のリンクより、どうぞ!!
→ 公益財団法人日本股関節研究振興財団公式YouTubeチャンネル

「インプラントアライメントが腸腰筋インピンジメントの病態に与える影響-未固定遺体とシート状圧センサーを用いた検討-」
徳島大学 玉置 康晃 先生

「ロボティックナビゲーションを併用することで、人工股関節置換術を施行された患者の術後歩容は健常者レベルまで改善できるか」
神奈川リハビリテーションセンター 佐藤 龍一 先生

カテゴリー: 研究助成金 | 令和4年度股関節研究助成金初回説明動画をYouTubeへアップロードいたしました。 はコメントを受け付けていません

この度は、第91回HipJointコラム「骨粗鬆症患者の骨折の危険性について」を掲載いたしました。

この度は、第91回HipJointコラム「骨粗鬆症患者の骨折の危険性について」を掲載いたしました。

筆者の鈴木啓明様は、旭化成ファーマ株式会社 メディカルアフェアーズ部 第2グループ(骨、整形領域)グループ長 として日々ご活躍されており、また当財団の評議員も務められております。

この度のコラムは、運動器健康寿命延伸には切っても切れない「骨粗鬆症」とその骨折の危険性に焦点をあてた内容となっております。大変興味深い内容となっております。
是非下記のリンクより、ご覧ください。

第91回HipJointコラム「骨粗鬆症患者の骨折の危険性について」

この度は、第91回HipJointコラム「骨粗鬆症患者の骨折の危険性について」を掲載いたしました。旭化成ファーマ株式会社 鈴木啓明

カテゴリー: Hip joint コラム | この度は、第91回HipJointコラム「骨粗鬆症患者の骨折の危険性について」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません

この度は、第90回HipJointコラム「手外科医からみた股関節外科」を掲載いたしました。

この度は、第90回HipJointコラム「手外科医からみた股関節外科」を掲載いたしました。

筆者の三浪 明男 先生は、北海道大学整形外科主任教授、北海道せき損センター病院長等の要職を長年務められ、現在は同大学名誉教授として日々ご活躍されております。また、日本の手外科の権威としても大変ご高名です。
この度のコラムは、手外科医からみた股関節外科に焦点をあてた内容となっております。
大変興味深い内容となっております。
下記のリンクより、是非ご覧ください。

第90回HipJointコラム「手外科医からみた股関節外科」

第90回HipJointコラム「手外科医からみた股関節外科」 三浪 明男 先生

カテゴリー: Hip joint コラム | この度は、第90回HipJointコラム「手外科医からみた股関節外科」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません

第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会を令和5年3月5日(日)に上馬整形外科クリニックにて、開催いたしました。

去る令和5年3月5日(日)第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会を上馬整形外科クリニックにて、開催いたしました。

収束しつつありますが、新型コロナウィルス感染も踏まえ定員を絞っての開催となりました。※ほぼ定員いっぱいになりました。

まず、当財団理事長の別府諸兄が超高齢社会を迎えている日本において、大きな課題の1つである「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」そして「フレイル」等の問題をその相関関係や具体的な患者症例を用いて、丁寧に説明いたしました。

第14回ロコモン体操講習会_別府理事長講演

次に、この度の講習会のメインテーマである「電気刺激法(EMS)」をこの分野の権威である中京大学 スポーツ科学部 教授 渡邊 航平先生に、その有効性と低体力者・高齢者への適用をご講演いただきました。

第14回ロコモン体操講習会_渡邊航平先生講演

また、先生が開発に携わった医療機器「筋電気刺激B-SES(ビーセス)」や家庭用機器「Sixpad(シックスパッド)」を実際に一部の参加者に装着していただき、先生に解説をしていただきました。

第14回ロコモン体操講習会_ビーセス・シックスパッドEMS

そして、講習会の実技講師である太藻ゆみこが、低体力者から高齢者に対応した運動器寿命延伸を目的とした体操を小さなボールや大きなエクササイズボールを用いて、立位~座位を含めて幅広く紹介いたしました。

第14回ロコモン体操講習会_太藻ゆみこ氏実技

最後に、当財団理事長より「ロコモン体操パートナー」の認定証が授与され、この度の講習会は盛況の内終了いたしました。

第14回ロコモン体操講習会_ロコモン体操パートナー認定式

当財団では、運動器健康寿命延伸事業の一環として、「運動器健康寿命延伸体操(ロコモン体操)指導者講習会」を年に1回そして、ご依頼いただければ、「講演会への講師としての参加」を行っております。

ご興味のある方は、是非下記リンクよりご連絡ください。

→ 財団への講師依頼

公益財団法人日本股関節研究振興財団

 

 

カテゴリー: ロコモン体操講習会 | 第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会を令和5年3月5日(日)に上馬整形外科クリニックにて、開催いたしました。 はコメントを受け付けていません

この度は、第89回HipJointコラム「エコー診断・治療のすすめ」を掲載いたしました。

この度は、第89回HipJointコラム「エコー診断・治療のすすめ」を掲載いたしました。

筆者の庄司 剛士先生は、股関節外科を専門に広島大学整形外科助教として、日々診療・研究に邁進されております。また、当財団より海外研修助成金を交付されている優秀な股関節研究者でもあります。この度のコラムは近年整形外科的分野で、幅広く普及しつつあるエコー診断を股関節に焦点をあてて取り上げております。

大変興味深い内容となっております。
下記のリンクより、是非ご覧ください。

→ 第89回HipJointコラム「エコー診断・治療のすすめ」

第89回HipJointコラム「エコー診断・治療のすすめ」

カテゴリー: Hip joint コラム | この度は、第89回HipJointコラム「エコー診断・治療のすすめ」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません

第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会若干名の余裕がございます。是非ご参加ください。

新型コロナウィルス感染拡大のために延期となっていた第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会の開催が、令和5年3月5日(日)と迫ってまりました。

まだ定員若干名の空きがございますので、ご興味のある方は下記のリンクより是非お申込みください。※受講料は当日のお支払いも可能となっております。

→ 第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会

第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会
ロコモ脱却への指導ポイント ~電気刺激法と低体力者への運動指導編~

この度の運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会は、電気刺激を用いた運動方法(Electrical Muscle Stimulation)を主題に開催いたします。

特別講師にMTG SIXPADの開発にも携わられこの分野の権威のお一人である中京大学スポーツ科学部教授 渡邊 航平 先生を迎え、講義していただきます。

取得単位:
健康運動指導士・実践指導者 講義 2.0単位 実技 2.5単位、JAFA/GFI 4.5単位

第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会が開催されます。令和5年3月5日(日)
 

カテゴリー: ロコモン体操講習会 | 第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会若干名の余裕がございます。是非ご参加ください。 はコメントを受け付けていません

この度は、第88回HipJointコラム「人工関節材料の開発における日本の貢献」を掲載いたしました。

この度は、第88回HipJointコラム「人工関節材料の開発における日本の貢献」を掲載いたしました。

筆者の中島義雄様は、日本における人工関節のリーディングカンパニーの1つである
帝人ナカシマメディカル株式会社代表取締役会長として、日々ご活躍されており、当財団の理事も務められております。この度のコラムは、人工関節の日本メーカーの日々進歩する材料開発への貢献に焦点をあてた内容となっております。

大変興味深い内容となっております。
下記のリンクより、是非ご覧ください。

→ 第88回HipJointコラム「人工関節材料の開発における日本の貢献」

第88回HipJointコラム「人工関節材料の開発における日本の貢献」

カテゴリー: Hip joint コラム | この度は、第88回HipJointコラム「人工関節材料の開発における日本の貢献」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません

2023年明けましておめでとうございます。この度は第87回ヒップジョイントコラム「赤ちゃんの股関節大丈夫ですか?」を掲載いたしました。

2023年明けましておめでとうございます。
当財団は、今年も正しい股関節の知識の普及啓発・股関節研究者への助成等行ってまいります。引き続きご支援賜りますようにお願いいたします。

遅ればせながら、2023年1月のヒップジョイントコラムをご紹介いたします。この度のコラムの筆者は、当財団の理事長 別府 諸兄になります。
新年のご挨拶・抱負を含めて、今年より新たに財団として取り組む「小児と股関節」に焦点をあてた第87回ヒップジョイントコラム「赤ちゃんの股関節大丈夫ですか?」を掲載いたしました。

第87回ヒップジョイントコラム「赤ちゃんの股関節大丈夫ですか?」

202301

カテゴリー: Hip joint コラム, ニュース | 2023年明けましておめでとうございます。この度は第87回ヒップジョイントコラム「赤ちゃんの股関節大丈夫ですか?」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません

第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会が開催されます。令和5年3月5日(日)

新型コロナウィルス感染拡大のために延期となっていた

第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会
ロコモ脱却への指導ポイント ~電気刺激法と低体力者への運動指導編~

が令和5年3月5日(日)に開催される運びとなりました。

この度の運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会は、電気刺激を用いた運動方法(Electrical Muscle Stimulation)を主題に開催いたします。

特別講師にMTG SIXPADの開発にも携わられた中京大学スポーツ科学部教授 渡邊 航平 先生を迎え、講義をしていただく予定です。
是非ご興味のある方はご参加いただければ幸いです。

取得単位:
健康運動指導士・実践指導者 講義 2.0単位 実技 2.5単位、JAFA/GFI 4.5単位

下記のリンクより、申込・詳細等がご覧いただけます。

→ 第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会

【お願い】
このたびは標記講習会に参加のご検討をいただき、誠にありがとうございます。
令和4年12月26日現在、新型コロナウィルスの再流行の兆しがございます。再び 令和5年3月5日(日)の講習会もやむを得ず延期となる可能性がございます。
ご承知の上でお申込みいただいた方につきましては、令和5年2月20日(月)に 施行か否かを判断してご連絡させていただきますので、 受講料は2月20日(月)~3月3日(金)にお振込みいただきますようお願い申し上げます。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会が開催されます。令和5年3月5日(日)

 

 

カテゴリー: Hip joint コラム | 第14回運動器健康寿命延伸体操 (ロコモン体操)指導者講習会が開催されます。令和5年3月5日(日) はコメントを受け付けていません