第12回運動器健康寿命延伸体操(ロコモン体操)指導者講習会を開催いたしました。

去る、平成31年3月10日(日)世田谷産業プラザ3F大会議室にて、第12回ロコモン体操指導者講習会を開催いたしました。
この度の講習会のテーマは「ロコモ脱却への指導ポイント~女性!50歳以上の骨折は命取り!~」ということで、特に50歳以上の女性の骨折の原因となる「骨粗鬆症」にフォーカスをあて講演を行いました。参加者は19名、遠くは東北方面からも参加者があり、盛況な講習会となりました。

前半の座学では、ロコモティブシンドロームの基礎から骨粗鬆症まで、
丁寧に約1時間40分、当財団理事長別府諸兄が解説いたしました。

第12回ロコモン体操指導者講習会 別府理事長

後半では、当財団の体操指導者である太藻ゆみこが、「正しい姿勢」を中心とした
「転倒予防」そして、高齢者への指導のポイントを座学と実技で指導を行いました。

第12回ロコモン体操指導者講習会 体操指導者太藻ゆみこ氏 

閉会式では、参加者の皆様に「ロコモン体操パートナー」の認定証が授与されました。

第12回ロコモン体操指導者講習会 ロコモン体操パートナー認定証授与式

公益財団法人日本股関節研究振興財団では、運動器健康寿命延伸事業の一環として、
「運動器健康寿命延伸体操(ロコモン体操)指導者講習会」を年に1回そして、
ご依頼いただければ、「講演会への講師としての参加」を行っております。
ご興味のある方は、是非下記よりご連絡ください。

→ 財団への講師依頼

カテゴリー: ロコモン体操講習会 | 第12回運動器健康寿命延伸体操(ロコモン体操)指導者講習会を開催いたしました。 はコメントを受け付けていません。

第42HipJointコラム「中間管理職から見た股関節手術を 取り巻く教育の現状」を掲載いたしました。

この度は、第42回HipJointコラム「中間管理職から見た股関節手術を取り巻く教育の現状」を掲載いたしました。

筆者の岩切健太郎先生は股関節を専門としており、現在、医療法人社団 松下会 白庭病院 整形・関節センターにて関節センター長として、ご活躍されております。また、当財団の研究助成金、海外研修助成も交付されている新進気鋭の股関節研究者です。

この度コラムは、現在の股関節、ひいては整形外科の教育の現状を、先生のお立場からひも解くコラムとなっております。非常に興味深い内容となっております。
是非、ご覧ください。

第42回ヒップジョイントコラム「中間管理職から見た股関節手術を取り巻く教育の現状」

第42回HIPJOINTコラム「中間管理職から見た股関節手術を取り巻く教育の現状」医療法人社団 松下会 白庭病院 関節センター長 岩切健太郎

カテゴリー: Hip joint コラム | 第42HipJointコラム「中間管理職から見た股関節手術を 取り巻く教育の現状」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません。

3月10日開催予定、第12回運動器健康寿命延伸体操指導者講習会(ロコモン体操講習会) まだ、余裕がございます。是非、ご参加ください。※健康運動指導士・実践指導者認定講習会

3月10日(日)開催予定、第12回運動器健康寿命延伸体操指導者講習会(ロコモン体操講習会)まだ、余裕がございます。是非、ご参加ください。

申込締切日:3月8日(金)

単位取得:
健康運動指導士・実践指導者 講義1.5単位 実技2.0単位、JAFA/GFI3.5単位

受講料:6,000円

申込:第12回運動器健康寿命延伸体操指導者講習会ページからお願いします。

平成31年3月10日(日)三軒茶屋にて、第12回運動器健康寿命延伸体操指導者講習会(ロコモン体操講習会)を開催いたします。

カテゴリー: ロコモン体操講習会 | 3月10日開催予定、第12回運動器健康寿命延伸体操指導者講習会(ロコモン体操講習会) まだ、余裕がございます。是非、ご参加ください。※健康運動指導士・実践指導者認定講習会 はコメントを受け付けていません。

第41回HipJointコラム「「Wolffの法則」について」を掲載いたしました。

筆者の冨森浩二様は、帝人ファーマ株式会社特命プロジェクト担当部長として活躍されており、長年当財団の理事を務めらております。

この度のコラムは、筆者の得意分野である「骨」に関してのコラムになります。
股関節とも重なりあう分野となります。
興味深い内容となっております。
是非、ご覧ください。

第41回HipJointコラム「Wolffの法則について」

第41回HipJointコラム「Wolffの法則」についてを掲載いたしました。

カテゴリー: Hip joint コラム | 第41回HipJointコラム「「Wolffの法則」について」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません。

平成31年3月10日(日)三軒茶屋にて、第12回運動器健康寿命延伸体操指導者講習会(ロコモン体操講習会)を開催いたします。

来る平成31年3月10日(日)三軒茶屋世田谷産業プラザにて、第12回運動器健康寿命延伸体操指導者講習会(ロコモン体操講習会)を開催いたします。
50歳以上女性の転倒による骨折は、命を失う危険性もあることが報告されております。
この度の講習会では、その実態と具体的な運動器の予防対策にフォーカスしていきます。

単位取得としては、健康運動指導士・実践指導者 講義1.5単位 実技2.0単位、JAFA/GFI3.5単位となっております。受講料は6,000円になります。

講習会の詳細・問合せ・申し込みは下記のリンクバナーより、ご覧ください。

平成31年3月10日(日)三軒茶屋にて、第12回運動器健康寿命延伸体操指導者講習会(ロコモン体操講習会)を開催いたします。

是非、ご参加ください。

カテゴリー: ロコモン体操講習会 | 平成31年3月10日(日)三軒茶屋にて、第12回運動器健康寿命延伸体操指導者講習会(ロコモン体操講習会)を開催いたします。 はコメントを受け付けていません。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

公益財団法人日本股関節研究振興財団は、本年も股関節の知識の普及啓発、股関節研究者への助成、運動器健康寿命延伸事業等、積極的に取り組んでゆく所存です。是非とも、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

新年1回目のヒップジョイントコラムは、
第40回HipJointコラム「医者と弁護士」を掲載いたしました。

筆者の谷眞人先生は、弁護士として日々精力的に活動されるかたわら、東京弁護士会副会長等の要職も歴任されております。また、当財団の評議員を長年務めていただいております。この度のコラムは、股関節の話題ではありませんが、非常に読み応えのある内容となっております。

是非、ご覧ください。

第40回HipJointコラム「医者と弁護士」

第40回HipJointコラム「医者と弁護士」筆者 弁護士 谷眞人先生

カテゴリー: Hip joint コラム, 財団ニュース | 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 はコメントを受け付けていません。

第39回HipJointコラム「骨の銀行があることを知っていますか?」を掲載いたしました。

この度は、第39回HipJointコラム「骨の銀行があることを知っていますか?」を掲載いたしました。筆者の福島健介先生は股関節を専門としており、現在北里大学医学部整形外科学 診療講師として、活躍されております。また、当財団の研究助成金、海外研修助成も交付されている新進気鋭の股関節研究者です。

この度コラムは、人工股関節再置換術の際に骨の土台が欠損している場合、必要なる選択肢の1つである同種骨(他人の骨)を保存している骨の銀行(骨バンク)に関してになります。

非常に、興味深い内容となっております。
是非ご覧ください。

第39回HipJointコラム「骨の銀行があることを知っていますか?」

第39回HIPJOINTコラム「骨の銀行があることを知っていますか?」北里大学医学部整形外科学 診療講師 福島健介

カテゴリー: Hip joint コラム | 第39回HipJointコラム「骨の銀行があることを知っていますか?」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません。

第19回股関節市民フォーラム in コングレスクエア日本橋

去る平成30年11月18日(日)第19回股関節市民フォーラムをコングレスクエア日本橋にて開催いたしました。ほぼ、定員いっぱいで、大変盛況な市民フォーラムとなりました。

まず、当財団理事長別府諸兄より、ご挨拶と当財団の簡単なご紹介を行いました。

別府理事長 第19回股関節市民フォーラム

最初の講演「ロコモとフレイル、ご存知ですか?」は、社会福祉法人仁生社江戸川病院 慶友人工関節センター長・当財団の専務理事でもある、泉田良一先生が、行いました。
ロコモティブシンドローム、フレイル加えて、加齢による筋肉量が減少してゆく「サルコペニア」も含めた定義づけを説明されました。

超高齢社会を迎えている日本においては、それぞれ非常に重要な問題であると
再認識する講演内容となりました。

泉田良一先生 第19回股関節市民フォーラム

次の講演は、骨粗鬆症予防をテーマとしたロコモーショントレーニング「骨トレ体操」
を当財団の運動指導者である太藻ゆみこ氏が、実技をおこないました。
骨粗鬆症予防の「かかと落とし体操」そして、全身を使った「骨トレ体操」を会場の皆様
と一緒に行いました。

太藻ゆみこ氏 第19回股関節市民フォーラム
休憩時間を利用して、行われた協賛企業様によりプレゼンとブース展示が行われました。
会場プレゼンでは、下記の5社がプレゼンをされ、非常に興味深い内容でした。

協賛企業プレゼン 第19回股関節市民フォーラム

会場ホワイエで行われたブース展示では、多くの皆様が来場され非常に盛況でした。

協賛企業ブース 第19回股関節市民フォーラム

下記の企業様に協賛いただきました。

旭化成株式会社、アルケア株式会社、京セラ株式会社
有限会社ウィズダム、有限会社サンサービス
サンメディックス株式会社/トップラン
女子栄養大学栄養クリニック、セノー株式会社
ブレースジャパン株式会社、雪印メグミルク株式会社

この度のご協力、深謝いたします。

最後の特別講演「骨と関節のアンチエイジング‐90歳になっても痛みなく歩くためにの秘訣とは‐」 では、骨粗鬆症の専門家である東京慈恵会医科大学整形外科講座准教授の斎藤充先生が、講演を行いました。

日本の骨粗鬆症の現状~骨粗鬆症のメカニズムを明解に説明いただきました。
特に、骨を鉄筋コンクリートに例えての説明には、目から鱗が落ちる内容で、
鉄筋コンクリートに例えると、骨の鉄筋部分はコラーゲンで形成されており、この部分が
錆びついてしまうと、いかにコンクリート部分のカルシウム(骨密度)が十分あっても
骨折につながるということでした。
※コンクリート部分=骨のカルシウム部分、鉄筋部分を=骨のコラーゲン部分
非常に明解な講演で、会場の皆様も引き込まれるように聞き入っておりました。

斎藤充先生 第19回股関節市民フォーラム

特別講演後の質疑応答(Q&A)では、積極意見交換が行われました。

質疑応答の様子 第19回股関節市民フォーラム

定員150人とややコンパクトな市民フォーラムとなりましたが、ほぼ定員いっぱいの参加者があり盛況な市民フォーラムとなりました。

公益財団法人日本股関節研究振興財団では、皆様のご支援により、
設立以来年1回、この様な市民フォーラムを開催しております。

是非とも、ご支援いただければ幸いです。

カテゴリー: 股関節市民フォーラム | 第19回股関節市民フォーラム in コングレスクエア日本橋 はコメントを受け付けていません。

第19回股関節市民フォーラムでは、出展企業ブースを体験いただけます。

2018年11月18日(日)開催予定の第19回股関節市民フォーラム「地獄の沙汰も骨次第」

では、多くの出展企業ブースを体験いただけます。

参加費無料ですので、下記のリンクより是非お問合せ・申し込みください。

第19回股関節市民フォーラム「地獄の沙汰も骨次第」

第19回股関節市民フォーラム協賛企業ブース紹介

カテゴリー: 股関節市民フォーラム | 第19回股関節市民フォーラムでは、出展企業ブースを体験いただけます。 はコメントを受け付けていません。

第38回HipJointコラム「悠々閑々外来の妙」を掲載いたしました。

この度は、第38回HipJointコラム「悠々閑々外来の妙」を掲載いたしました。
筆者の飯田寛和先生は股関節を専門としており、昨年、関西医科大学整形外科主任教授を退任され、現在は、関西医科大学総合医療センター人工関節センター・理事長特命教授として、日々診療にあたられております。

この度コラムは、主任教授退任後の股関節診療記になります。
興味深い内容となっております。
是非ご覧ください。

第38回ヒップジョイントコラム「悠々閑々外来の妙」

第38回HipJointコラム「悠々閑々外来の妙」 筆者 飯田寛和先生

カテゴリー: Hip joint コラム | 第38回HipJointコラム「悠々閑々外来の妙」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません。