第20回股関節市民フォーラムを開催いたします。コングレスクエア日本橋 参加費無料(2019/11/17(日))

この度の股関節市民フォーラムは、「女性50歳以上の骨折は命とり!」をテーマに中高年の転倒予防にフォーカスして、講演を行います。

メインでは、久留米大学医学部整形外科主任教授志波直人先生を講師に迎え特別講演を行います。

日時:2019年11月17日(日)13:40~16:20(開場13:15)

開場:コングレスクエア日本橋 2階ホールB

参加費は無料となっております。
下記のリンクより、是非ご参加ください。

→ 第20回股関節市民フォーラム公式サイト

公益財団法人日本股関節研究振興財団

第20回股関節市民フォーラム令和元年11月17日コングレスクエア日本橋

 

カテゴリー: 股関節市民フォーラム | 第20回股関節市民フォーラムを開催いたします。コングレスクエア日本橋 参加費無料(2019/11/17(日)) はコメントを受け付けていません。

この度は、第48回HipJointコラム「股関節の痛みとロコモシンドローム」を掲載いたしました。

筆者の岡上裕介先生は、股関節を専門に高知大学医学部整形外科学教室 講師として、日々精励されております。
また、平成26年度に当財団より股関節研究助成金を交付されている新進気鋭の股関節研究者でもあります。

この度のコラム「股関節の痛みとロコモシンドローム」は、「ロコモティブシンドローム」から「股関節の痛み」
を紐解く内容となっております。
興味深い内容となっておりますので、是非ご覧ください。

第48回 HipJointコラム「股関節の痛みとロコモシンドローム」

第48回HipJointコラム「股関節の痛みとロコモシンドローム」を掲載いたしました。高知大学整形外科学教室講師岡上裕介先生

カテゴリー: Hip joint コラム | この度は、第48回HipJointコラム「股関節の痛みとロコモシンドローム」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません。

この度は、第47回HipJointコラム「股関節の神秘」を掲載いたしました。

筆者の樋口富士男先生は、前久留米大学特命教授、元久留米大学医療センター病院長であり、現在は柳川リハビリテーション病院・病院長として日々ご活躍されております。
また、当財団の理事も長年務められております。

この度のコラム「股関節の神秘」は、関節の解剖学的な特徴から股関節の神秘をひも解く内容となっております。
興味深い内容となっておりますので、是非下記のリンクよりご覧ください。

第47回HipJointコラム「股関節の神秘」柳川リハビリテーション病院・病院長 樋口富士男 先生

第47回HipJointコラム「股関節の神秘」柳川リハビリテーション病院・病院長 樋口富士男 先生

カテゴリー: Hip joint コラム | この度は、第47回HipJointコラム「股関節の神秘」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません。

当財団「HJFJ人工関節ステッカー」が、読売新聞で紹介されました。

当財団「HJFJ人工関節ステッカー」が、2019年6月29日の読売新聞夕刊全国版にて紹介されました。

ご希望の皆様の反応も好評で、多くの「人工関節」を入れられている皆様が当財団のステッカーを希望されている現状を再確認する次第です。

※現在、多くの希望者様がおられるため、若干の遅配も起こるやもしれません。
ご容赦いただければ幸いです。

HJFJ人工関節ステッカー紹介・お申込みページ

HJFJ人工関節ステッカー読売新聞夕刊全国版で紹介されました。

 

カテゴリー: 財団ニュース | 当財団「HJFJ人工関節ステッカー」が、読売新聞で紹介されました。 はコメントを受け付けていません。

この度は、第46回HipJointコラム「生き方が役に出る」を掲載いたしました。

この度は、第46回HipJointコラム「生き方が役に出る」を掲載いたしました。

筆者の安永裕司先生は、広島大学にて人工関節生体材料学の教授を務められ、現在は広島県立障害者リハビリテーションセンター所長として日々ご活躍されております。
また、当財団の理事も長年務められておりました。

この度のコラム「生き方が役に出る」は、近年増加傾向にある人工股関節手術ではなく、関節を温存できる「骨きり術」に光をあてた内容となっております。

興味深い内容となっております。是非ご覧ください。

第46回HipJointコラム「生き方が役に出る」

この度は、第46回HipJointコラム「生き方が役に出る」を掲載いたしました。 広島障害者リハビリテーションセンター所長 安永裕司先生 画像

カテゴリー: Hip joint コラム | この度は、第46回HipJointコラム「生き方が役に出る」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません。

6月22日品川シルバー大学同窓会の講演会に講師として参加しました。

過日6月22日、品川区立企業センター3F レクレーションルームにて、
品川シルバー大学同窓会の講演会を行いました。

まず、「地獄の沙汰も骨次第」とのことで、骨粗鬆症の知識を中心に当財団理事長別府諸兄が動画等を用いて丁寧に解説されました。

シルバー大学同窓会 別府諸兄 講演

次に、「良い姿勢でしっかり立つこと動くこと」をコンセプトに骨を強くする体操を当財団の体操指導者である太藻ゆみこが、参加者の皆様とともに行いました。

シルバー大学同窓会 太藻ゆみこ 講演

参加者は約110名のほぼ定員いっぱいで、大変盛況でした。

公益財団法人日本股関節研究振興財団では、運動器健康寿命延伸事業の一環として、
この様な講演会への講師派遣を行っております。

ご興味のある皆様は、下記のリンクをご覧ください。

健康寿命に関する講演会への講師の依頼を承ります。

公益財団法人日本股関節研究振興財団

カテゴリー: 財団関連講演会 | 6月22日品川シルバー大学同窓会の講演会に講師として参加しました。 はコメントを受け付けていません。

HJFJ人工股関節ステッカーをHJFJ人工関節ステッカーへリニューアルいたしました。

人工股関節の手術をうけた患者様からのご要望で、海外の空港での金属探知機ゲートでエラー音がなるので、「外国語での説明が難しい」とのご相談が寄せられたため、人工股関節患者であることがわかるように当財団で人工股関節のイラストと英語表記のあるステッカー「HJFJ人工股関節ステッカー」を2018年より配布してまいりました。

当初より、多くの人工膝関節の手術を受けた患者様からも同様の要望がよせられておりましたので、新たに人工膝関節のイラストと「人工関節」の日本語・英語・スペイン語・中国表記を追加し「HJFJ人工関節ステッカー」としてリニューアルいたしました。

「HJFJ人工関節ステッカー」も無料で、配布しております。
是非下記のリンクよりご応募いただければ幸いです。

→ HJFJ人工関節ステッカーご紹介ページ

HJFJ人工関節ステッカーへリニューアル 画像

 

カテゴリー: 財団ニュース | HJFJ人工股関節ステッカーをHJFJ人工関節ステッカーへリニューアルいたしました。 はコメントを受け付けていません。

変形性股関節症のためのリハビリ講習会 IN千葉 2019年6月1日開催に、講師として参加しました。

過日、2019年6月1日千葉文化センターにて変形性股関節症のためのリハビリ講習会 「10年後のあなたの健康な姿づくり」
に講師として、当財団の体操指導者 太藻 ゆみこ が、講演を行いました。

参加人数は70名程度、パワーポイントを用いた講演と実際の実技を交えて、参加者の皆様と一緒に身体を動かしました。

運動器の重要性と無理なく体を動かしていく方法を中心に、講演を行い大変好評でした。

公益財団法人日本股関節研究振興財団では、この様な講演への講師依頼を全国より受付けております。
ご興味のある方は、下記のリンクよりどうぞお願いいたします。

→ 健康寿命に関する講演会への講師の依頼を承ります。

公益財団法人日本股関節研究振興財団

変形性股関節症のためのリハビリ講習会 IN千葉 2019年6月1日開催に、講師として参加しました。

カテゴリー: 財団関連講演会 | 変形性股関節症のためのリハビリ講習会 IN千葉 2019年6月1日開催に、講師として参加しました。 はコメントを受け付けていません。

2019年度股関節研究助成の応募が開始されております。応募期間2019年6月1日~6月30日

2019年度股関節研究助成の応募が開始されております。

応募期間:2019年6月1日~6月30日

股関節を研究されている先生方の応募をお待ちしております。

詳細は下記のリンクよりご覧ください。
※応募関連書類もダウンロードいただけます。
(応募要項・手引き・申請書・推薦書※WORD、PDF)

2019年度股関節研究助成応募ページ

2019年股関節研究助成金応募開始2019年6月1日~6月30日

カテゴリー: 研究助成金 | 2019年度股関節研究助成の応募が開始されております。応募期間2019年6月1日~6月30日 はコメントを受け付けていません。

この度は、第45回HipJointコラム「変形性股関節症に対する骨切り術とテクノロジー」を掲載いたしました。

この度は、第45回HipJointコラム「変形性股関節症に対する骨切り術とテクノロジー」を掲載いたしました。

筆者の林 申也 先生は、神戸大学医学部整形外科 助教として、日々精力的に活動されております。また、当財団の平成29年股関節海外研修助成交付者でもあり、新進気鋭の股関節研究者の1人です。

この度のコラム「変形性股関節症に対する骨切り術とテクノロジー」になります。
変形性股関節症の手術方法の1つである「骨きり術」の際に、より正確な手術を行うため採用されている「ナビゲーションシステム」に焦点をあてた内容となっております。

興味深い内容となっておりますので、是非ご覧ください。

第45回HipJointコラム「変形性股関節症に対する骨切り術とテクノロジー」

第45回 Hip Joint コラム 2019.6.01 「変形性股関節症に対する骨切り術とテクノロジー」神戸大学医学部 整形外科 助授 林 申也 先生

カテゴリー: Hip joint コラム | この度は、第45回HipJointコラム「変形性股関節症に対する骨切り術とテクノロジー」を掲載いたしました。 はコメントを受け付けていません。