大腿骨頸部骨折

高齢者の転倒で、多い骨折で寝たきりの原因の一つです。

 大腿骨の根本に近い部分の約90%が高齢者に発症します。その原因は、骨粗鬆症と高齢者に転倒が多いことが挙げられます。
 高齢者の場合、寝たきりになり生命予後に影響を与えるため早期診断・治療が重要となります。高齢者が室内で転倒して発生することが多く、骨折後は立つことができなくなり、脚を動かすと激しい痛みを伴います。骨折のため折れた方の脚の長さが短くなり脚が外向きなっているのが特徴です。


股関節らくらく募金のご案内はこちらから
このページのTOPへ