Monthly 股関節らくらく募金 トップロゴ 画像

Montly 股関節らくらく募金 メイン画像

Monthly 股関節らくらく募金は、皆様の金融機関の口座より、一定額(2000円・3000円・5000円・その他)を毎月、定期的に募金していただくプログラムです。
皆様の募金は股関節治療の研究に使われ、股関節で悩んでいる方々を救います。また、ロコモティブシンドローム対策の研究や啓発活動にも使われます。

Monthly股関節らくらく募金に、是非ご参加下さい。

股関節らくらく募金ダウンロード用紙で申し込む 股関節らくらく募金専用申込み用紙送付依頼フォーム
 ※PDF版口座振替用紙(3枚)をダウンロードして頂き、ご記入の上お送りください。 尚、切手封筒代はご負担いただきます。

 ※フォームで申込み後、当財団より封筒付き口座振替用紙をお送り致します。


股関節が痛い女性 画像

股関節は、人間が立ったり・しゃがんだり・座ったり・歩いたり・走ったりという動作を司っている重要な要の関節です。平成22年に人口の23%以上が65歳以上の超高齢社会の日本では、この股関節の骨折や関節症などの運動器(骨・関節・筋肉など)が、要介護・要支援の第一原因になっているのです。特に、変形して痛みのある股関節を人工股関節に置換する手術は、1年間に4万件も行われています。また、股関節の骨折は、1年間に15万人が受傷し、15%前後が1年以内に亡くなり、大勢が寝たきりになっています。そして、今後も増加が予想されます。

股関節の研究者 画像

当財団は昭和62年創立以来、120件、約1億4千万円(平成25年度1月現在)を「股関節疾患に関する研究」と「運動器健康寿命延伸に関する研究」に対して支援を行ってきました。
この支援により、数多くの股関節専門の研究者が育っております。

(公財)日本股関節研究振興財団への寄附金(募金)は、特定公益増進法人への寄附として、所得税、法人税、相続税の優遇措置(所得控除)が受けられます。

また、新たな税額控除制度により、税額控除の対象となりました。確定申告の際に当財団発行の「領収書・税額控除に係る証明書」を添付し、申告して下さい。尚、勤務先等で行われる年末調整では寄附金控除は受けられません。

詳細は、→ 当財団 税制優遇に関してページへ

  一回のみの寄附にしたい皆様  賛助会員を希望する皆様


股関節らくらく募金のご案内はこちらから
このページのTOPへ